京都野鳥の会 探鳥会の記録 2018年


平成30年2月11日(日)/ 大浦湖岸探鳥会参加者数:11名/見聞鳥数:46種
  • 天気予報で滋賀県北部の降水確率が60%以下だったので、探鳥会を決行しました。
  • 近江今津を過ぎると一面の雪景色と変わりました。永原駅に到着する頃には時雨も雪に変わり、時々止むものの、 駅に戻るまで降り続け、双眼鏡やプロミナのレンズ、顔面に水滴が付く中探鳥しました。
  • 生活の基盤である幹線道路や民家に続く道は十分除雪がなされておりましたが、それを外れると一面の雪景色でした。
  • その積雪の中、木立、薮、地面の露出している所には、食や水を求めて小鳥たちが集まっていました。 灌木で只管啄むイカル。雪解けの水場にはツグミ、トラツグミ、シロハラ、ミヤマホオジロ、モズ、ルリビタキなど。そこではトラ ツグミがシロハラを追い回したり。
  • ジシギSPが居ましたが、種を特定できず見聞鳥に記載していません。
  • また、下流域はで三々五々にしか見られない種が湖面では大群で固まっていました。例えば、カワアイサ、ヨシガモ、ハジロカイツブ リ、ユリカモメ。
  • 河口の砂州でユリカモメの群れにカモメやイカルチドリが交じっていました。
  • ハジロカイツブリが隊列を乱さず一斉に潜水、浮上を繰り返していました。
  • 一方、光り輝く湖面でもくっきりとした白さで、カンムリカイツブリの白化個体が群れと離れてポツンと居ました。
  • 雪国で健気に生きる鳥たちを確認した一日でした。 
  • 担当 :  西迫 ・ 坪内 ・ 手嶋        写真 : 杭田       
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

平成30年2月8日(木)/ 宝ヶ池探鳥会参加者数:33名/見聞鳥数:34種
  • 寒波が少し緩み晴時々曇、ほぼ無風であまり寒くなかったです。
  • 池の周囲の遊歩道の南東側半分が修繕で通行止となっていたので行程を少し変更、北園のあと千石橋のシモに立寄ってからいこいの森にゆき、 池の周囲の遊歩道は梅林園のあと折返し北西側半分を往復しました。
  • 探鳥を開始してすぐの岩倉川で、カワセミ・ジョウビタキ・ハクセキレイ・キセキレイに出会い、北園の木でヤマガラが鳴いていました。
  • 千石橋のシモ、岩倉川と高野川の合流点でカワアイサを見つけ、高野川の水際の草地でホオジロが餌を探していました。
  • 桜の森でエナガ・シジュウカラ・コゲラ・メジロの混群に出会いました。
  • 宝ヶ池にカイツブリ・ホシハジロが浮かんでおり、菖蒲園付近の池でオシドリを見つけました。池の周囲の遊歩道でルリビタキを見た人もいました。
  • 梅林園の入口付近で、数人の方がキクイタダキを見れたそうです。
  • 担当 :  杉浦(報告) ・ 坂根 ・ 前田        写真 : 杭田       
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

平成30年1月28日(日)/ 嵐山探鳥会参加者数:27名/見聞鳥数:42種
  • 昨日までは、小雪がちらついていましたが、当日は少し寒さも和らいだようです。
  • 桂川の上空には、40羽近くのイワツバメが舞っていました。
  • 河川では、カワアイサの♀が浅瀬で餌をあさっていましたが、♂は残念ながら見られませんでした。
  • 亀山公園では、綺麗なルリビタキを、またカケスを間近で観察することが出来ました。
  • たくさんの種類は出ましたが、カモ類やツグミ等、個体数は少なめでした。
  • 解散後は総会・懇親会へと向かいました。
  • 担当 :  土橋 ・ 森(一)      写真 : 杭田       
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

平成30年1月21日(日)/ 平城宮跡・池巡り探鳥会参加者数:27名/見聞鳥数:44種
  • 温かく穏やかな良い天気の中、平城宮資料館横駐車場を出発。
  • 佐紀池では鳥の数は少ないもののカルガモ、コガモ、オオバンや期待のミコアイサが。
  • 水上池でもやはり鳥の数は少なく、遠くの岸近くにトモエガモの雄2羽と雌1羽が、オシドリ20羽ほどが太陽を日の浴びて水辺をゆっくり 移動していました。
  • さらに進んでコナベ池ではカワセミに会えたものの、水が白濁しており遠くに少数の水鳥が見られるのみだった。
  • その後仁徳天皇皇后陵北の林間部を過ぎても、例年では見聞出来る筈の小鳥類の数が少なかった。
  • 昼食場所である大極殿手前で他の探鳥グループが木の頂きに 止まっているアリスイ見ており、会長の手招きで駆け寄り樹上とその後地上に降りた アリスイを皆で充分見る事が出来た。
  • 昼食後、期待の葦原のオオジュリンとアリスイ、にも会うことが出来ました。
  • 担当 : 前田 ・ 神谷 ・ 森(昭)      写真 : 杭田       
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

平成30年1月14日(日)/ 淀川中流域探鳥会参加者数:25名/見聞鳥数:50種
  • このコース、一月としては初めての実施でした。積雪の中を滑らないように注意して集合しましたが、現地は、風もなく良い天気に恵まれ、楽しい探鳥会になりました。
  • 河川敷にはセンダンの木が多く、ムクドリの大群が集まっていました。
  • カワセミが魚を捕えたのですが、大きすぎて呑み込めず、苦労していました。かなりの時間待ちましたが、カワセミも困っているようでした。
    先に進みましたが、果たして飲み込むことができたのでしょうか。帰路、再びそのカワセミを見ましたが、変わりないようでした。
  • 鉄塔にハヤブサの美しい雄がいました。往路、復路とも止まっており、数度、飛び立って餌を獲りに行きましたが、収穫はなかったようです。
  • 中州にタヒバリ、イカルチドリ、シロチドリがおり、また、途中でクイナ、アメリカヒドリなどを見ました。
  • アオジが美しくなっていました。
  • 昼食場所より上流の河川敷は、樹木が皆伐されており、何とも無残な光景でした。洪水対策とはいえ、もう少し方法がないものかと感じました。
  • 担当 : 森(一) ・ 坪内 ・ 坂根         写真 : 杭田       
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

平成30年1月7日(日)/ 新春植物園・賀茂川探鳥会参加者数:名/見聞鳥数:種
  •  写真 : 杭田
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]
    [Image]

    [Image]

    [Image]